先輩社員の言葉

建築部 畠山竜哉(平成27年入社)

 建物がどうやって作られて、どういう風に出来ていくのか興味がありました。工業系の学校で建築の勉強をしていくうちに建設業で働きたいという気持ちになり、この仕事を選びました。

 現場の工程表、図面などをもとに、作業員さんたちに指示を出しながら現場を進めていくのが仕事ですが、入社後は何もわからない状態で現場に入りました。その中で、先輩、上司の皆さんが苦労しながら現場を進めていた様子を見て、上手くやっていけるか不安になったこともありました。

 入社後、新築工事から改修工事といった現場に携わって良い経験をさせてもらっています。一番は先日竣工したお菓子工場の現場です。この現場では、技術者として作業をするのはもちろん、工事を進めていくための打ち合わせ、段取りをするという仕事も出来るようになってきました。

 これからも技術者としての経験を積み、現場を確実におさめられる監督を目指します。また、建築施工管理技士や建築士といった資格取得に挑戦していきます。

 

土木部 佐々木 凛(平成29年入社)

 この会社に入りたいと思ったきっかけは、学生の時にインターンシップでお世話になり、社員の方々が丁寧に教えて下さったからです。

 初めて現場に出たとき、右も左も分からず、覚えなくてはいけないことが多く大変でした。今でも、覚えることが多くあります。毎日、勉強の日々です。

 これからも経験を積んで、資格取得に挑戦していきます。

 

総務部 楠美 亮太(平成29年入社)

 学生の頃、ただ漠然と地元で働きたいと考えていました。十和田市は建設業が盛んで、この会社なら地元の為に貢献できるのではないかと思い応募し採用していただきました。
 建設業のことは、ほとんど分からずに入社しました。まだ分からないことだらけですが、先輩や上司に丁寧に教えてもらいながら頑張っています。

 現在は、パソコンのセットアップや資料の作成を主に行っています。また、企業説明会などにも上司と参加し、人事としての仕事もしています。

 まだまだ確認不足や理解力不足でミスが多く、至らない点が多いです。なるべくミスをなくし丁寧で迅速な対応ができるようになりたいです。

 

総務部 金見春香(平成29年入社)

 十和田市で事務職に就きたいと考えながら就職活動をしていました。そこで募集があったので応募し採用していただきました。

 建設関係の知識がないので、用語や言葉など分からなくてとても大変です。少しずつ覚えてきましたが、まだ分からないことが多いです。

 主に工事注文書・請書の作成やマニフェストの管理などを行っています。

 ミスが多いので、ミスを徐々に減らしていきたいです。また、上司の指示を一度で理解して仕事ができるようになりたいです。